おせち 間に合う

お節は毎年通販です。

忘れっぽい私はいつも年末におせち予約するの忘れててパパに怒られます(+_+)
クリスマスとかおせちとかイベント好きなパパは本気で怒ります。マジ怖い。だったら自分で予約すればいいのにさ。。。とか思うけどね。
昨年の年末にもパパに「おせち31日に届くのか?30日?」って聞かれて、すっかりおせち予約するの忘れてた私はとっさに「31日に配送だって」って口から出まかせ言ってしまったから超大変(-_-;)

 

おせち,間に合う,年内,宅配,通販

直ぐにスマホで今からでもまだ間に合うおせち通販を探しまくりましたよ。
だってこの時点で12月28日でしたからね。やばいってマジに。

 

で、猛烈に探しまくってやっとまだ間に合うおせち通販を見つけました。
前もって予約してないから割引ないけど、業者のほうも全部売り切りたいからわけありではないけど意外に安く注文できましたよ!探してみると年内宅配とか年明け配送可能って店もあるのにはびっくりです。
結構、私みたいにドジな主婦がいるのかもね、予約注文するの忘れてしまうような人( 一一)
でも私は専業主婦でもない、みっちりパーとして親の介護までしているので正直頭の中いっぱいいっぱいなんですよね。これでも以前は母に教わってお正月は手作りおせちを作っていたんだけど、介護するようになったらぜんぜん余裕なしです…
それに私が手作りしたお節より人気の有名老舗料亭のおせちのほうがおいしいですからね。一度通販で注文して食べてから「こりゃ手作りするの無理」って思いましたもんね。パパもそれ以来おせちは通販で予約するのが当たり前になっています。
あ、それで今からでも間に合うおせち通販のおすすめを下に書いておきます。
私もよくリピする店なので参考にしてみてください。右のおせちは昨年の年末(28日)に取り寄せた画像です。

 

匠本舗の料亭おせち



まず最初にチェックするのがこの匠本舗です。味は濃くなくて我が家では人気です。
あまり味が濃いと最後のほう残ってしまうときがあるので薄味が我が家では好きです。ただ年末に売れ残っているおせちって二段とかの安いお重なのでちょっと残念ですがね。お節って縁起物だから高い三段重が人気で売れていくようですもんね。
家族三人くらいだとそれでも十分ですがね。
間に合うとか関係なしに、まずチェックするのがこのお店です。

 

→匠本舗のお節詳細はこちら

 

東京正直屋

東京正直屋のおせち
関西のうす味がどうしても・・・って人にはこちらの正直屋のほうが好みかもしれません。日本橋の料亭の味が通販で味わえますからね。
それに年末まだ間に合うとした最短翌日お届け対応ということで発送も速いですからね。あとは売り切れになっていなければラッキーです。
人気店だから残っていれば超ラッキーですよ。

 

→東京正直屋の公式通販サイトはこちら

 

おいしっくす



おいしっくすのおせちは比較的まだ間に合う系に当てはまるのでよく利用していますね。だって年始の1月3日お届けにも対応しているのってオイシックスだけですからね。味も濃すぎず39品目とか種類が多いので飽きませんよ。
肉がちょっと少ないのが不満と言えば不満かな、、

 

→おいしっくすの公式通販サイトはこちら

 

トオカツフーズ



味で言えばトオカツフーズさんも上品な味付けで我が家では人気ですよ。それに具材もバラエティーに富んでいて子供も食べられるような肉類も多いのが特徴ですよね。それに三段重でも1万円そこそこで買えるので安いです。初めてのおせち通販におすすめなのかなーとも思います。

 

→トオカツフーズの公式通販サイトはこちら

 

博多久松のおせち

公式サイトに具材が一つ一つ説明されているので好印象のおせちです。一度注文したときがありましたが画像のように隙間なしに入っていて、家族4人で黒豆とか残ってしまったことがあります。食べ盛りの子供がいるならぜひって感じの料理ですよ。なかなか年末ギリギリまで残っていることないですけどキャンセルで売れ残っているときがあるのでチェックしています。

 

 

キニナルおせち情報

隣の家のお節事情って気になりませんか?
一体どんな風にお正月を過ごしているのか・・・そんな気になる年末、お正月、お節のことを私が気になったので調べてみました。

おせちってみんなちゃんと手作りしているの?

これ気になりませんか?昭和初期じゃあるまいし、いまどきの奥さんっておせちをちゃんと手作りしているのか。

 

ヤフー知恵袋とか調べてみると、姑と同居している家庭ではしょうがなく手作りしているという意見が多いですね。
でも全部手作りしているわけでなく、手間のかかる伊達巻やかまぼことかはスーパーで買ってお重に詰めている人が多いです。
それで十分だと思いますけどね。

 

だって買ってきたほうが安いし早いもん。たぶん味も美味しいと思うし。
うちの子供だって、おせちとか全く手を付けませんよ?ハムとか肉だけ食べる感じですかね。厳禁なやつじゃ(-_-;)
お節と言ったって、人気な具はお煮しめとか黒豆、魚の照り焼き、栗きんとん、昆布の煮物くらいじゃないですか?
黒豆とかもスーパーでお惣菜を買ってきたほうが絶対に安いですからね。

 

今の世の中って昔と違ってお正月三が日でも普通に店が空いているし、コンビニもあるでしょ?おせち料理を作る意味がないですもん。

 

なんでおせちを作るのか?

お正月三が日はかまどを休め無ければならないという言い伝えがあったようです。
かまどにはかまどの神様が宿っていて、神様を休ませるということでしょう。

 

ということは、三日間にかけて日持ちのする料理が必要になってくるわけで(冷蔵庫なんて昔はなかったから)、どうしても味は濃くなるし、量も大家族だったから多くなるということです。

 

そして、おせちの食材にはいろいろとおめでたい言葉遊びがあるんですよね。
黒豆だと黒くなるまで一生懸命まめに働く。とかって。

 

年末の何日までに注文すれば間に合うのか?

私は最高でも12月28日に注文しましたけど間に合いましたよ。店の公式サイトを見てもたいがい年末年始休まず営業しているって書いているのでぎりぎりでも大丈夫間に合うと思います。
これは住んでいる場所にもよるだろうけどね。
おせちってお正月、元日から食べるだろうから30日は大丈夫だろうけど、31日だともしかして間に合わないかもしれませんね。

 

それにお節のお取り寄せって早く予約すればするほど早割サービスっていうのがあって、安く買うことができるので忘れないように早めに予約するのが賢いでしょうね。
私も来年からはカレンダーかスケジュール帳にちゃんと「おせち予約」って書いておかないとね。

 

 

お節と年越しそば

私が大学生の頃の話ですが年末年始の出来事をいくつか書きたいと思います。
まず、私の家では大晦日に年越し蕎麦を我が家で茹でて食べることが恒例でした。お正月はそしてお節になるんですがね。
その年は毎年茹でてくれる祖母が体調を崩していて、そばを私が茹でることになりました。
実はソバを湯がくのは、その時が初めてのことでした。いつもインスタントやもう湯がいてある麺を食べている私。
蕎麦を湯がく難しさを知りませんでした。
袋に書いてある通りゆがいたのですが、なんと湯がき上がって食べるとべちゃべちゃでした。せっかくの年越しそばが台無しになりました。
悲しかったです。祖母に聞くと火加減が難しいらしいのです。
この年は年越し蕎麦の思い出は悲しかったのであまり覚えていません。
その次の年から、祖母に教わりながら麺を湯がきました。そして次の年は美味しく年越せました。
失敗した年の年越しそばの話は今もまだ語り継がれています。
さらには年越し蕎麦を食べ終わった後に近くの寺に除夜の鐘をうちに行くのも我が家の恒例でした。
しかし、ある年私の父がお酒を飲みすぎて除夜の鐘の順番待ちで寝てしまうと言うハプニングがありました。
しかたなく私と母で打ちました。父はそのまま弟に車で迎えに来て貰いました。
なんともバタバタした年末でした。父はその後目覚めて、除夜の鐘に行きましたがもう終わった後でした。
タイミングが悪い可哀想な出来事でした。